0120-140-645

営業時間 8:00~20:00 休校日毎週金曜日

準中型免許取得のススメ

普通免許をMTで取る必要性ってなに???

マニュアル車

 

2019年に発売された国産乗用車の98.6%がAT(オートマチック・トランスミッション)車です。
約35年前の1985年頃のAT車率は48.8%と半数に満たない割合でしたが、1990年代になってAT車の普及が進み、1995年には8割を超え、2000年には91.2%となり、今では国産乗用車の約99%がAT車となっています。つまり、日常生活で普通免許MTが活躍する機会がほとんどありません

 

 「男ならマニュアル!」「マニュアルはカッコいい!」等と口にするのは「もう時代遅れ!」となっています。

    

   この車の写真を見て、どの車がカッコいい「マニュアル車」か分かりますか?

 

 ・・・外見では分かりませんよね~ エンストしたらマニュアル!?

      そんなところでしょうかね~

 

 「本当にマニュアル車に乗りたいの?」

 

 「まぁ、本当に好きな人もいるでしょう!」

   そして「仕事で使うかも!? し・れ・な・い?」という人も・・・

 

   仕事で使うと言ったら様々な職業がありますが

   代表的なのは流通関係の「運送業」とか?

 

 

 

   では現在の普通免許で運転できる車両の大きさは、どれぐらいなのでしょう?

車両規格 普通自動車 準中型自動車
車両総重量 ~3,500kg未満 3,500kg~7,500kg未満
最大積載量 ~2,000kg未満 2,000kg~4,500kg未満
乗車定員 10人以下 10人以下

 

 この規格に合ういわゆるトラックは・・・ほぼ・・・ありませーん!

   

 実際このような車両になりますが台数はごくわずか。最大積載量1,000kg程度では思うように活躍できないのが現状です。

 

   どーーしても「マニュアル免許が必要」でしたら「普通免許」ではなく

   準中型免許」を取りましょう!!  18歳からでも「準中型免許」は取得可能です。

  「準中型免許を取得すれば、もちろん普通車MTも乗れます!」

 

   準中型免許で運転できる車両の大きさは、乗車定員(10人)こそ変わりませんが、運転することのできる車両は

車両規格 普通自動車 準中型自動車
車両総重量 ~3,500kg未満 3,500kg~7,500kg未満
最大積載量 ~2,000kg未満 2,000kg~4,500kg未満
乗車定員 10人以下 10人以下

 

   

 街中でもよく見かける、これぐらいの車両まで運転できるようになります。

 

「準中型免許」と「普通免許」の教習時間を比較してみると

   原付免許所持者や免許をお持ちでない方では

  第1段階 第2段階 合 計 最短教習日数(当校)
準中型免許 18時限 23時限 41時限 25日間
普通免許(MT) 15時限 19時限 34時限 19日間

  「普通免許」取得期間に+3日間で、1ランク上の「準中型免許」が取得可能!!!

 

  教習料金は

   準中型免許   363,550円(税込)

   普通免許(MT) 327,690円(税込)  その差は35,860円です。

 

 「普通免許(MT)」を取得してから「準中型免許」を取得すると

  第1段階 第2段階 合 計 最短教習日数(当校)
準中型免許 4時限 9時限 13時限 6日間

 

  教習料金は

   準中型免許   153,010円(税込)

  最初から準中型免許を取得するよりも12万円近くも高くなってしまいます

 

 免許取得を活かした将来の活躍の場を想像するならば、

 是非この機会に「準中型免許」を取得してみませんか!

 

土浦北インター自動車学校での教習予約は全てが「スケジュール制」です。

「スケジュール制」とは、お客様が教習所に通うことのできる時間帯をお伺いし、お客様のスケジュールに合わせて教習予定を作成するものです。

 

準中型車

 

◆ 準中型車料金表は コチラ⇒